みんなの口コミ こだわりのIT機器ナビ

IT機器のキーボードの性能によって仕事の効率も変わります。打ちやすさを重視しているものを選ぶようにしています。

NAVIGATION

IT機器のキーボードは打ちやすさ重視

入力装置の代表であるIT機器のキーボードは、各社各様いろんな種類が出ていますね。最近ではタブレット端末に繋げてBluetoothキーボードとして使えるものもあります。タブレット端末だと、どうしても画面を触った入力がメインになりますから、パソコンでのキーボード入力に慣れた人には使いづらいという面もあるようです。私はそのまま画面で入力するスタイルで使っていますが、確かにキーボードがついていればより打ちやすさが向上しそうです。

私が使っているパソコンはノート型パソコンなので、キーボードを個別に選ぶということはありませんでした。だいたい気に入ったパソコンの機種を選んだら、キーボードは二の次という感じでしたね。それでも、触った時に直感的に「打ちやすいな」と思えるキーボードを選ぶようにしました。具体的に言えば、扁平なキーボードではなく、少し出っ張りがあるような形状のものです。この形だと、押した後のボタンの戻りが良い手触りなんですよね。

そもそもなぜパソコンを買い換えることにしたのかと言うと、以前使っていたパソコンのキーボードが全く反応しなくなってしまい、ノート型パソコンなのにBluetoothのキーボードを使って打たなければいけなかった二度手間感を解消したかったからです。せっかくノート型なのに、キーボードが使えないのでは本体の1/2を無駄に休ませていることになりますし、何よりスペースが足りないという欠点がありました。なので、新しいパソコンを最近になって購入しました。これで仕事の効率アップを狙いたいですね。